PMSを彼氏の理解を得る

PMSの症状を自分で理解しよう

PMSの症状を理解する

生理が近づくと、小さなことに気が取られて落ち着かなくなってしまう。少しのきっかけですぐにイライラしてしまって、不満が募って思っていること以上にひどい言葉を発してしまう・・・こんな風に、生理前になると、些細なことが許せなくなる・ほんの小さなきっかけでイライラがマックスに到達して、こころにゆとりが無くなってしまう事をつらいと思っている女性は多いもの。

単に、その時の気分が乗らないから。という風に安直に考えてはいけません。それは月経前症候群の症状に合致するもので、セルフコントロールが難しい症状なのです。ただ、どうしようもない、と諦めることもできませんね。PMSの症状を改善する方法があれば、どんなに楽に楽しく過ごせるか。症状がつらければつらいほど、想像するとたのしい毎日が送れそうな気がしてきませんか。

毎日全く同じメンタルで過ごしている人のほうが、圧倒的に少ないという事は想像できるでしょうが、月に一度の排卵が、女性の体とメンタルに及ぼす影響は、男性が想像するよりはるかに大きいのです。女性はそれをなんとなく、自分自身でサイクルと症状を経験し実感していますが、男性にとっては到底計り知れません。ただ、分からないかもしれない症状のつらさを、彼氏には察してほしいと思いますよね。

PMSの痛みやイライラは、仕方ないと諦める前に、まず自分にはどんな症状が起こりやすくて、他にどのような不調が引き起こされる可能性があるのかも知っておくことは大切です。そして、PMSのつらさを緩和する方法と、症状改善のために出来ることを重ねていけば、彼氏にかける負担もストレスも少なくて済みます。また少しの傷みも彼氏に理解してもらう事で、ケアや心の支えになるでしょう。

心も体も、不調に振り回されるのではなく、PMSの事を知った上で症状改善に役立つ方法を知りましょう。

Copyright © PMSの症状を自分で理解しよう. All rights reserved.